30代の着まわしコーデ

30代の着まわしコーデ!(BAILA 竹下玲奈&英美里 編)

 

30代のコーデはシンプルなアイテムで、イメージ自在に大人の技を使いこなしたいですね。

 

白とブルーのベーシックなシャツがあれば、コーディネイト幅は無限に広がります。

 

雑誌BAILA(バイラ)から、最強の2枚、白シャツと青シャツの着まわし術を紹介します。

 

 

モデル竹下玲奈さんが提案する30代にピッタリの白シャツの着まわしコーデ

 

クリーンな白シャツは、少し身幅にゆとりのある形が今年の新スタンダード。

 

メンズっぽいシャケット×女っぽいスカート

ミリタリージャケットは、そのままメンズっぽく着るよりも、フェミニンな着こなしの引き締め役として取り入れます。そんな真逆な服をかけ合わせるときは、どちらのテイストにも偏らない、この上なくベーシックなでュートラルな白シャツが◎。

ドロストパンツ

今年らしいユルっとしたドロストパンツは、頑張らずさらりと大人っぽく履きこなすのが理想的です。格上げ力も備えた白シャツなら、そんな気負わないニュアンスが無条件に手に入ります。
かっこよくはきたいドロストパンツは、白シャツ&ネイビーのニットを肩がけにして、赤のバックを差し色に。

オールインワン

ワンピースの下に、シャツを重ねるコーディネートの応用です。1枚で完結するオールインワンをいつもと少し気分を変えて楽しみたい日には、レイヤードするシャツは白を選び、モノトーンでまとめるのがモダンに仕上げる秘訣。
モードなオールインワンは、白シャツの正統感できれいに着るのが大人の着こなしです。

ハイウエストパンツ

目新しいバランスをつくるハイウエストパンツに合わせるトップスは、ニットよりも軽やかでパリっと決まる白シャツが、大人のチョイス。
細めのベルトでウエストマーク、裾はロールアップにしてヒールを合わせると華奢見えの美スタイルが完成。

パーカー

定番グレーパーカーの下がTシャツだと、悪くないけれど意外に普通の印象です。
パーカーでハズす着こなしには、白シャツ&パールという気品ある襟元だと、ハッとするほど新鮮な見え方になります。きれい色のスカートを合わせて女っぽさも演出。

 

モデル絵美里さん提案の30代に合う青シャツの着こなしコーディネイト

 

青シャツは、ハリのある風合いとオーソドックスなシルエットで、アレンジ力の高い1枚。

 

定番のデニム

デニムと心地良いグラデーションを成すブルーシャツを選んだら、足元はきれいな色めで印象的にひきしめます。差し色として、赤や黄色がおすすめ。
ブルーデニムとの青シャツのグラデで、シンプルな大人なさわやかさです。

スウェット

すっかり定番しつつある、ファッションとしてのスウェットパンツ。
シャツの重ね技が、スウェットを部屋着に見せない一番の近道です。きちんと見えするブルーのシャツならクールな装いに抜け感が生まれ、よりオシャレな印象になります。

ガウチョパンツ

青シャツとガウチョパンツでマリン風にアレンジすると、今年らしい旬なコーデになります。チルデンニットのインにブルーシャツをレイヤードして、ワンランク上の装いも大人の余裕を感じさせます。

ワンピース

単調になりがちなワンピースにひと手間かけて、仕上げの腰巻きテクでワンピにメリハリをもたせます。ニットではなくシャツというところが上級者風。カジュアルな用途に使うシャツは、かっちり感の強い白シャツよりも、色や柄ものがおすすめです。

紺ジャケ

ネイビージャケットの下に白シャツだとちょっと辛口だけど、ブルーシャツなら優しい雰囲気が漂います。ブルー系の落ち着いたグラデーションで、初対面の人にも好印象なスタイルです。