年代別に着まわしコーデのコツを大研究

ファッション雑誌には、10着で出来る着まわしコーデの特集が続々登場!

 

最近のファッション雑誌は、安くても高く見える「コスパ服」の特集があったり、プチプラ服を上手く取り入れるコーディネートの特集があったり、予算がそんなになくても、オシャレに見える着こなしの情報が多くなってきましたよね。

 

着まわしコーデ

 

その流れもあってか、最近では少ない数の洋服を、いろんなパターンで着こなす「着まわしコーデ」の特集も多くなっています。

 

特に、この春夏シーズンは「10着で出来る着回しコーデ」の情報が充実していて…

 

Seventeen(2015年5月号)

ポーリン&愛美の甘さバランス 上手な着まわし30日間

 

MORE(2015年5月号)

みっこは10着しか服を持たいない 着まわし25日間(矢野未希子)

 

with(2015年6月号)

基本5着でさらりと甘い女のコきまわし20日間(佐々木希)

 

BAILA(2015年5月号)

白シャツ&青シャツを1×10着倒しチャレンジ(竹下玲奈 英美里)

 

BAILA(2015年5月号)

梨花が10着しか服を持ってなかったら?

 

LEE(2015年6月号)

「ずっと好きな7着」と「今買い足す3着」だけでオシャレ更新(古瀬美智子)

 

non-no(2015年6月号)

春から夏まで着まわしできるアイテムはコレ!(鈴木友奈 岡本杏理 竹富聖花 鈴木優華)

 

 

…などなど、少ないアイテムで着まわしするサンプルコーデがたくさん載っています。

 

そこで、このサイトでは、10代、20代、30代、40代…各年代別に着まわしコーデのコツをまとめてみました。

 

夏ファッションで取り入れたい「ヘルシー可愛い」って、どういうこと?

 

肌を見せる服が多くなる夏のレディースファッションで、昨年ぐらいから言われ始めてるトレンドに「ヘルシーセクシー」とか「ヘルシー可愛い」っていうのがありますよね。

 

ポイントは、肌を露出するのけど、ヘルシー(健康的)にいこうよ…っていうところ。

 

ヘルシーさを基本に、ちょっとだけ、男性がドキッとするようなセクシーさを加えれば「ヘルシーセクシー」に…ファッション系統で言えば「ViVi」のようなスタイル。

 

ヘルシーさを基本に、カジュアルなアイテムで、ガーリーな要素を加えれば「ヘルシー可愛い」になります。

 

ファッション系統で言えば「With」のような路線ですね。

 

どちらも、見せるところ、隠すところのバランスが大事で、コーデを組む時には…

 

  • 「ここは見せる」
  • 「ここは隠す」

 

…を意識して考えていくと良さそうです。

 

ヘルシー可愛い系のサンプルコーデ

 

ノースリーブだけど、ハイネックのニットを使う

 

ノースリーブサマーニットで、二の腕だけ見せる。だけど、首つまりのハイネックをチョイスして、鎖骨や首の部分は隠す。

 

これにボトムスは、夏っぽい色合いの膝丈スカートをはけば、腕見せしながらも上品なコーディネートになります。

 

ショーパンには、きれいめシャツを合わせる

 

ショートパンツで、脚を太腿くらいまで見せたら、トップスは、シンプルなきれいめシャツを合わせる。

 

イメージ的には、60年代のフランスの女優さんみたいなコーディネートです。

 

デニムアイテムを上手に使う

 

ヘルシーさを出すには、この夏流行りのデニム素材のアイテムを使う…という手もあります。

 

例えば、オフショルトップスで、デコルテを見せたら、ボトムスには、スキニーデニムを合わせる…とか。

 

短めのデニムスカートで、膝上まで見せたら、トップスは、ちょっと大人っぽいリブ編みのニットにする…とか。

 

ガウチョパンツのように、太めのパンツも流行ってるので、デニム素材のワイドパンツやバギーパンツを使って、トップスを可愛くする…っていうコーデも良さそうですね。

 

今年の夏ファッションのトレンドは、レトロな花柄や、クリーンなスポーツ系など…わりと「ヘルシー可愛いコーデ」に使えそうなアイテムが多いので、この路線のコーデを組みたい人は、流行りをチェックしてくといいかもです→夏ファッションレディース2015!今年トレンドの夏服をプチプラで

 

オーガンジーや花柄レースなど…透け感のある素材をトップスに持って来て、下は、デニムパンツをはく…っていうのも、甘辛ミックスで、ヘルシー可愛いテイストのコーデに使えます。